女性解放思想について

戦後以降日本は家父長制度を脱却し、女性の社会進出が顕著になってきた。これらの過程にはフェミニストの活動や女性解放思想の広まりがあったといえる。

ヨーロッパにおいてもさまざまなフェミニストの活動があったが、その中でもメアリ・ウルストンクラフトについてみていく。

まずメアリ・ウルストンクラフトの思想についての要約を行い、次に現代の女性の活躍についての考察を行い、最後にまとめを行う。

ウルストンクラフトを説明するにあたって「理性」がキーとなる。彼女の女性解放思想を彼女の著書『少女の教育についての論考』と『人間の権利の擁護』・『女性の権利の擁護』とに大きく2つに分けて要約していく。

まず、『少女の教育の論考』について。ウルストンクラフトの考える女子教育は「合理主義的女子教育」と呼んだ。

合理主義的女子教育の原点は「両親が自分の情念を抑制しなければならない」というものだ。

つまり、理性にしたがって行動せよと主張している。特に母親は理性に欠け情念で行動しているために、子どもに有害な影響を及ぼしていると指摘している。

小顔矯正 韓国

大阪の成果報酬型SEO

新居浜の賃貸をお探しなら